アーティスト

けみ芥見 Chemi Akutami

岐阜県岐阜市生まれ。芸術家の母の下、絵画、陶芸、書などに触れて育つ。2012年より本格的な芸術活動を開始。自身のルーツである岐阜(美濃)の和紙の美しさに魅せられ自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。

美濃和紙の「落水紙」を用いて光を使った新しい表現としてオリジナルの技法「落水透世」を考案し、注目を浴びる。同年12月単身パリに渡りヨーロッパでの創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信し、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティスト。

2015年、従来の掛け軸とは違い、一見額縁の様に見える掛け軸”掛け縁”を考案。自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われたVERSACE Fashion Art 2015に招聘される。モンテカルロでは地元TV局の番組にて「新しいジャポニスムの到来」と紹介され、ヨーロッパ美術界で脚光を浴びる。

2016年春、着物ブランドAKITSUを設立し、日本の伝統衣装「KIMONO」を海外に発信開始。またチャリティ活動として芸術家としての知的障がい児のアートを発掘する”Desire Art Company”「DAC」 をスタート。

同年12月に第1回DACを東京池袋で開催。