アーティスト

TAKAKO KATO 加藤誉子

和歌山県熊野生まれ。
武庫川女子大学短期大学部 人間関係学科卒業。
アパレルメーカーにて販売員として勤務の後芸人になる。
その最中に絵の楽しさに目覚め2019年より画家に転身。
不思議なエネルギーで見る人を元気にする絵を描く。
パリ、モナコ、イタリアでの展示など海外での展示を中心に活動。


Nature Artist Rin

http://rinartist.com/
千葉県流山市出身。
自然を愛し、目に見えないものの美しさや光、透明感のある癒しと優しさの世界を表現するアーティスト。 現実と非現実世界の狭間の様な、カラフルでやわらかな色彩の世界観は、観る人の心に響く「ヒーリングアート」とも言われている。

2012年よりパステル画講師となり、大学公開講座などを開講。
より自分らしい表現を求めて、2016年より独学でアクリル画中心に描き始める。
2017年に初個展開催以降、フェリーさんふらわあ号での展示、全国各地で個展やグループ展など展示会多数参加。イベント出展やライブペイントなど精力的に活動中。
2019年は、公募展で優秀賞、一般投票賞のW受賞、そして「純展」入選を果たし東京都美術館での展示、フランス、アブダビでのグループ展参加と活動を拡げ続けている。

出逢ってくださった皆様の心にそっと寄り添い、場の空気感をふわっとやわらかに変えられるような世界観を感じていただけたらと思っております。皆様の人生がより彩りあるものとなりますように・・・


西田美貴子

女子美術大学 日本画専攻卒業
1991 渋谷区立松濤美術館優秀賞受賞。
1992 青山イルデパン、選抜作家。
東京内で個展、グループ展多数。
他、店舗壁画、店舗オブジェ、書籍他。
2000 栃木県鬼怒川橋橋梁デザイン、コンセプトで環境大臣賞受賞。
2015 千葉県みのりの郷、クリスマスデザイン、コンセプト。2017 5月、ベルギー国交150周年記念サクラエキシビジョン・ブリュッセルにて日本画展示。
2018 日仏国際美術展、サロンブラン優秀賞受賞。
2018〜 サロンブラン会員。
2019 7月、仏国パリ「ギャラリーメタノイヤ」にて日本画展示。
2019 9月、韓国ソウル「耕仁美術館」にて日本画展示。


Mxxx

北海道札幌市在住
小さい頃から父の趣味の影響でJAZZが流れる空間で育ち、歴代の画家さんたちのオリジナル画集をプレゼントされた時に、クリムト、竹久夢二、ダリに強烈なインパクトを感じて画用紙を1日1冊描き潰すから私のアートへの興味が始まりました。
Art is truth sent by heat !!


縁/アクセサリーアーティスト

1960年北海道生まれ。

高校卒業後上京

宝飾デザイン製作現場に入る

趣味だったpolymerに、創作意欲を駆り立てられて
ただただ作りたい私。どうしてかと聞かれても、自分にすらわかりません。
polymer clay の良さは色の鮮やかさ、ダイナミックな創作にも地金にはない軽さと質感、研磨にさえ対応することで輝きさえ備え持つところです。
彫金技術を主体にポリマークレイを使用した、アート感あるアクセサリーを是非体感してください。


神谷 由美

http://yumi-kamiya.blush.jp/
愛知県の西部に位置する自然豊かな知多半島の米やミカンを栽培する農家に生まれる。
中学時代に少女マンガに傾倒し、高じて水彩画とデッサンを本格的に学び始める。
高校時代、日本画に出逢い、日本画材で作り出す色の美しさに感動を覚える。
武蔵野美術大学 日本画学科に進学し、日本画家として芸術活動を開始する。卒業制作を日本画 三大全国公募展「創画会」に初出品し初入選を果たし、それ以降、大作を発表し続け、入選を重ね創画会会友となる。
日本画材を一貫して使用し続けるが、多角的な文化要素を独自の視点で融合させた創作活動を精力的に展開し、定期的に名古屋、東京銀座での個展、デパートでの展示、多くコンクールに入選、入賞し常に高い評価を得ている。
2015年に掛軸職人の質の高さに感銘を受け、2016年から全く新しいオリジナル掛軸の制作を開始する。日本画、掛軸、着物といった日本の伝統技術を新しい形で融合させ、日本独自の文化の振興を念頭においたものでもある。
2017年「床の間プロジェクト」を提唱し、新インテリア提案であるオリジナル掛軸の普及を目指し、2018年にはパリでの個展を成功させた。
2019年は、オランダでの2人展、フランス、アラブ首長国連邦でのグループ展に参加予定。


Gorovski

1976年 熊本市生まれ。
2008年よりステンシルアートを中心に活動を始める。
2018年より日本の版画技法のひとつである合羽摺りを作品のメインとしている。
天照大御神を基軸として作品を作る唯一無二の存在。


みうら あんこ

http://does.bz/annco/
画家、書道家。静岡県出身。
2010年に渡仏。2011年よりパリ市運営の芸術団体に所 属 し、フランス・イタリア・アメリカでの芸術活動や展示会に参 加する。パリ、東京、名古屋での個展も好評を博す。
筆を用い、迷路のような独特の線を用いて「繰り返し」の中に生ずるリアルな呼吸と関係性の変化を描く独自の世界観は、国内外にて多くの人を魅了する。


Mika Tamori

東京、バンコクを拠点とし、2017年から現代アーティストとして活動。
平面の作品の他にインスタレーション、パフォーマンスなど幅広く作品を展開。


chiki

http://chiki-art.com
埼玉県川口市出身。
創形美術学校、セツ・モードセミナー卒業。
イラストレーター、韓国芸能記者、美容ライター、学童支援員など、様々な「好奇心の寄り道」を経て、2014年から本格的に活動を再開した異色アーティスト。
力強くカラフルな色彩、一度見ると目が離せないその表情、ファンタジーさの中に漂う毒のある世界観で人々を魅了している。
個展、グループ展など展示会多数。ミュージシャンやダンサーなど、異ジャンルのアーティストたちとのコラボレーションイベント、こどもたちと絵のワークショップも行っている。


眞坂 麗

https://www.instagram.com/masaka_rei
1992.5.1 生まれ、秋田県出身 山形市在住
東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科卒業
抽象画家。心象風景を溢れるような色彩で描く。
アクリル、水彩、パステル、スプレーなど、様々な画材を用いて作品の世界観を創りあげている。
ひとつの画風にとらわれず、常に実験的に画材を組み合わせ、新しい技法を模索している。
ライブペイント、看板制作、店舗内の装飾など、精力的に活動中。


親方 OYAKATA

https://www.punk-d.com/about/oyakata/
1971年生。空手3段、左きき。
1998年、和+洋+遊、UNCOOL IS COOLが、基本コンセプトのブランド「PUNK DRUNKERS」設立。
アパレルの枠を超えて多ジャンルにデザインを手掛ける。2003年より現在まで展覧会(個展)やライブペインティングも頻繁に開催。
また近年、【あいつ】という気になるキャラクターを様々なフィールドで展開中。


菓(KONOMI)/ グラフィックデザイナー・アーティスト

1986年札幌生まれ。漫画・アニメコンテンツやアプリのゲーム制作、Webデザイン会社を経て、2014年に川原田このみデザイン事務所として独立。現在はグラフィック全般・イラストをメインに、FUJI ROCK FESTIVAL等の音楽フェスのグッズやアパレルとのコラボ、芸能・エンタメ関係の制作を中心に活動中。個人でキャラクターを制作し運営をしたり、大きな虎を描くライブペイントのアート活動も行っている。


けみ芥見 Chemi Akutami

http://chemiakutami.com
岐阜県岐阜市生まれ。芸術家の母の下、絵画、陶芸、書などに触れて育つ。

2012年より本格的な芸術活動を開始。自身のルーツである岐阜、美濃和紙の美しさに魅せられ自らの作品を描き上げる紙を自作するため、美濃和紙伝統工芸士の下に弟子入りする。

同年12月単身パリに渡り創作活動を開始、パリ現代アートの中心マレ地区で個展デビュー。美濃和紙の素晴らしさと日本のモダンな美を世界に向けて発信、日本国内より海外での個展・イベント招聘が多いアーティスト。

2015年、自身3度目となるパリでの個展で現地キュレーターに絶賛され、モンテカルロで行われた”VERSACE Fashion Art 2015”に招聘される。

2016年春、KIMONOブランドAKITSUを設立、新しいKIMONOとしてモナコを中心に海外に発信開始。翌年ロンドンのFEROCE Magazineに取り上げられられる。

またチャリティ活動として障がい児のアートを発掘する”Desire Art Company”「DAC」 をスタート。